MENU

ノンバンクの事業融資を生かすための手続き

ノンバンクの融資は地方の事業者にも優しい(女性/50代)

私は一つの地域にずっと住んでいたため、信用金庫や農協のサービスを利用することの方が多くありました。いわゆるこうしたノンバンク系のところから事業者向けのローンが出ているので、登録している人だけが使えるものとして有効活用させてもらっています。ノンバンクのサービスは少し金利も高めですが、審査はそこまで厳しくはなく、地域に根差したサービスというものでとても頼りやすいです。

 

私が借り入れたことのあるサービスでは、金額は300万円で金利は5%ほどのものでした。返済期間にも余裕を持たせてくれて初めての借り入れだったのですがとても助かりました。知人や友人はあまりノンバンク系の借り入れは利用していないようですが、その分銀行などを利用して審査なども苦労しているように見えます。ノンバンクでも審査はもちろん厳しく行われますが、地域に関係するビジネスにも理解を示してくれるのでメリットもあります。大手の銀行から借り入れるほどでもない資金の場合や、地域の産業に直結するような事業の場合は特に頼りにできるので、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

 

地域に根差したビジネスだったのが良かった(男性/40代)

私が営んでいたのは、その地域でしか行われていない伝統産業のようなものでした。その地域でした収穫できない作物を生産して加工・販売する仕事だったので、そこまで多くの資金も設備も必要はなかったのですが、最低限の資金や運営のためのお金が必要になる時期も時々ありました。作物が育たないときには利益も減ってしまいますが、そうした事情はビジネスでは理解されにくいものです。

 

私の場合は、しっかり販売のところにも力を入れていたので利益も継続して生み出せていて、コストカットも限界まで努力していたため、ノンバンク系の借り入れは基本的に可能でした。資金不足になるというよりは物資調達や燃料調達など日ごろの運営で税金や値上げで影響してくる負担に対処できなくなるようなときには特に頼りました。それでも高額な借り入れになることはなく、1年程度で返済しきれるような少額融資の場合がほとんどです。それでも事情を理解して貸し付けてくれるので、消費者金融や銀行で不安がある場合にはノンバンクも頼ってみるとよいかもしれません。

 

ノンバンクでも融資してもらえた(女性/20代)

ビジネスを始めるのに最初にお金が必要だったのですが、若くてあまり経験もなく、なかなか貸してくれるところがなかったのですが、普段から利用していた信用金庫が融資に応じてくれました。なかなか融資に応じてくれなかったということを相談した時には、事業計画書に対するアドバイスももらえて何がいけなかったのかも理解できました。資金計画のことや利益追求に関する考え方など銀行や消費者金融などの考え方の差も教えてくれました

 

おかげでしっかりと計画も練りなおして、個人的に不安だった点についても解消することができました。事業を始めるのに最低限必要だった資金は結果的に200万円ほどで、私の最初のプランだとその2倍の400万円になっていました。それだとさすがに貸す側にも私にもリスクが大きくなるのでいくら頑張っても融資してもらえなかったのだとわかりました。

 

ノンバンクはあまり高額な融資はしてもらえなさそうですが、それでもサービスや人情といった温かみがあるところのようだったので、なかなか借り入れができないときには一度候補に入れてみるのもよいかもしれません。私と同じようになるかどうかはわかりませんが、十分期待はできそうです。ノンバンクの機関に登録していないと利用できない場合が多いので、事前に利用条件はチェックしておいた方が良いです

 

信用金庫の融資も頼りにできる

地域に根差した機関からの借り入れ

事業者向けのローンを提供しているのは銀行や消費者金融だけではありません。信用金庫やろうきんなども似たようなサービスを提供しており、そういった地域に根差したノンバンク系の金融機関からの借り入れも検討してみるとよいです。金利や返済方式、借り入れ記できる金額はそこまで差はないので同じように利用できます。

 

しかし、信用金庫などを利用したい場合は既に口座を所有していたり、預金口座があったりしないと融資のお願いもできない場合があるため、事業で利用する口座をこうしたところで頼っておくとよいかもしれません。審査についても同じように行われるので、一つの選択肢として覚えておくことをお勧めします。

 

登録や申請は先にしておく必要がある

信用金庫の利用は、その地域に住んでいるか、その地域に長く仕事に勤めに行っているかというような条件が付いていることもあります。そのため、事業を行っている期間や住んでいる地域にも気を付けてその地域にあるサービスを選ぶことしかできません。

 

それぞれの地域によって提供されているサービスには差があるので、場所によっては魅力的なサービスがない場合もあります。そういった場合でも銀行や消費者金融のサービスよりは安全に頼れるサービスである可能性があるので、選ぶ段階では先入観などをなしにしてしっかり比較してください。金利、返済期間、据え置き期間など複数の条件を比べて最も利用しやすいところを頼りましょう。

 

運営期間にも制限がつくことがある

事業を営んでいる機関は1年以上または2年以上とかなり長く指定されることもあります。事業融資ができるとは言ってもその地域で開業をする段階で、住んでいない場合は利用は難しいので事前に条件を確かめておいてください。すでにその地域で生まれ育っている方などは特に問題なく利用できるはずですが、それでも口座開設が条件になっている場合もあるので、すべての条件を満たしているかどうかしっかりチェックしましょう。

 

その制限もそこまで厳しいものではないので、まずは自分自身が利用できる環境にあるかどうか確認して、それからサービス内容をチェックしていくとよいです。ノンバンク系の事業融資は個人情報などの関係もあって審査は銀行よりは簡単にできることもあります。地域に根差したサービスという傾向も強いので、事業内容によっても貸してもらいやすくなるはずです。